複雑なトラブルは弁護士に相談して解決できる

最近、弁護士事務所のCMをテレビでよく見かけれられるようなりました。弁護士に相談するニーズは、以前よりも増えてきています。お互いの主張をぶつけ合うだけでは問題解決になりません。弁護士など第三者を仲介して、解決に取り組むのもひとつの手段と考えましょう。

弁護士へ依頼の多い身近な相談ベスト5

相談
no.1

離婚や別居の問題

離婚は、「結婚よりも手間がかかる」と言われるように、簡単な男女の別れで済まない場合があります。子どもの養育費や慰謝料などの請求などが絡んでくるからです。特に、旦那である男性が働いて、女性が専業主婦だった場合は、今後の収入面をサポートすることまで関わってきます。

no.2

借金や多重債務の問題

ふくれあがった借金、自分では返済できず弁護士に相談するケースです。また金融消費者ローンなどの取り立てに耐え切れず、弁護士事務所へ駆け込み寺のように訪れる人も多いようです。さらに借金の過払い金を請求するなどについて相談するケースも増加傾向にあります。

no.3

交通事故などのトラブル

車同士の接触事故や人身事故などは、両者だけで解決するには複雑な問題です。交通事故の場合、一般的に両者の保険会社が代理で補償費用を支払うケースが殆どです。しかし、それでも両者が納得いかない場合、裁判になるケースがあります。そのため保険会社では、「裁判費用特約」などのオプションが用意されています。

no.4

遺産相続の問題

親が亡くなり兄弟間や親族間で、遺産の分配で相談にくるケースです。故人にたくさんの遺産があった場合と、借金を残して亡くなった2パターンがあります。また遺書などに相続に関することを残していた場合、異議申し立てで弁護士に相談することもあります。

no.5

会社でのパワハラやセクハラ

会社の上司や同僚にパワハラあるいは、セクハラを受けたことで訴えるケースです。この場合はある程度、我慢に耐えて、失職を覚悟で訴えることも多いようです。特にパワハラは、企業の体質が体育会系の会社に多く見受けられます。

弁護士に依頼して辛い悩みを解消するために

天秤

残業代の未払い問題が増加傾向に!

ここ最近、弁護士への相談が、増加傾向にあるのが「残業代の未払い」です。従業員は、働いた対価として会社から給与を得ています。残業代を得るのは当然の主張です。しかし日本では「サービス残業」という悪しき習慣があり、時間外に仕事をしても、残業代をもらえない企業がまだまだ多いのが現実となっています。

大阪で税理士事務所を利用しよう

[PR]
相続放棄を専門家に相談!
必要な手続きがスムーズに進む♪

残業代請求を京都の弁護士に相談

[PR]
静岡で交通事故トラブルを解消☆
専門家への相談が大切☆

[PR]
労働問題に対応している弁護士事務所
経験豊富なスタッフが多数在籍中!

医療ミス専門の弁護士事務所